JRDB

会員規約

本規約は、「JRDB」をご利用いただく方に守っていただくルールです。みなさまが楽しくご利用いただくために、遵守してください。

インターネット会員・携帯電話会員約定

第1条(目的)
本規約は、株式会社ジェイ・アール・デー・ビー(以下「JRDB」と表記します)が運営するインターネットでの競馬情報サービス全般(以下「本サービス」と表記します)の利用条件について定めるものです。

第2条(規約の変更)
本規約は、会員その他ご利用の皆様の承諾を得ることなく変更されることがございますのでご了承下さい。

第3条(提供対象者)
本サービスは、@弊社指定の方法にてJRDBへの送金が可能な方、また継続的なご利用の方は自動引き落としが可能な口座をお持ちであること。A本サービスから入手された情報をご自身の競馬予想の参考といった、個人的なご利用を目的とされておられる方。
 二つの条件を満たされた方を対象とさせていただきます。また、本サービスで得た情報は、個人で使用することを前提として提供しております。営利目的で販売することは一切禁じます。なお、法人及びそれに類する団体の方のご利用は、すべて営利を目的とするものとみなします。

第4条(サービス提供時間)
 JRDBはインターネットを通じて情報を配信するため、原則としてサービスの提供は終日行います。ただし、突発的にシステムの保守の必要が発生した場合は、例外として利用者に事前の連絡をすることなくサービスを中断することもございます。また、定例的なサービスの休止は、ホームページ上で随時告知いたします。その際は、サービス休止となりますのでご了承下さい。

第5条(情報の利用範囲)
 本サービスにより提供させていただく総ての情報は、JRDBが著作権を所有しており、法律により保護されております。これらの情報は、個々の利用者の皆様自らが競馬予想など私的にご利用されることを目的として提供されるものであり、その目的の範囲を超え、複製・改変・翻案・放送・有線送信・編集・出版・上映・演奏・頒布・販売するなどのいかなる方法によっても公表することはできません。同様に、これらの利用を目的として第三者に情報を使用させることは、有償であればもちろん、無償であっても一切できません。従って本サービスが提供する情報の公開は、個人であっても、ホームページやその他いかなる手段においてもできません。
 本条に違反した利用の結果により、JRDB及び第三者になんらかの損害が生じた場合は、その総ての損害を賠償していただきます。

第6条(免責)
@本サービスは、皆様が本サービスの提供する情報をご利用された結果について、何ら保証するものではございません。また、情報の内容、システムの運用に関しましては万全を期しておりますが、万が一本サービスが中止・中断された場合、情報提供時期が遅延した場合、情報内容に誤りがあった場合についても、理由の如何に関わらず一切の責任を負いかねます。
A本サービスで情報を提供後に変更が生じても、変更があったこと、あるいは変更後の内容はお知らせいたしません。
B利用者が本サービスを通じてJRDBに損害を与えた場合、JRDBはその利用者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

第7条(利用の中止)
 次の場合、利用者の皆様に事前にご連絡することなく、本サービスの提供を中断もしくは中止することがございます。
@弊社システムの保守などが突発的に必要となった場合。
A天災・戦争等により情報の提供ができなくなった場合。
B情報の保全など合理的な理由で中断、または中止の必要性が生じた場合。
CJRA(日本中央競馬会)が、天災や突発的事象等により競馬開催を中止した場合。
D通信業者システムの保守が発生し、情報送信ができなくなった場合。

第8条(利用者の義務)
 会員及び利用者は、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。また、行った場合は強制的に退会の措置をとらせていただく場合もございます。
@本サービスのシステム・データ・情報提供内容を損壊すること。
A有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為。
B他の会員及び利用者のID及びパスワードを不正に使用する行為。
C他の会員及び利用者、あるいは第三者の著作権やその他の知的財産権を侵害または侵害するおそれのある行為。
D他の会員及び利用者、あるいは第三者を誹謗・中傷したり名誉を傷つける行為。
E他の会員及び利用者、あるいは第三者の財産、プライバシーを侵害するなど不利益を与える行為。
F選挙の事前運動・選挙活動またはこれらに類似する行為。
G事実に反する情報・意味のない情報・公序良俗に反する内容の文書を書き込んだり、図画等を送信する行為。
H営業活動を行ったり、サービス提供者の許可無く営利を目的とした文書・プログラム・データ等を送信する行為。
I本サービスの運営等、JRDBの業務を妨げるような行為。
Jその他、法令に違反する行為、または本サービスに基づき提供される情報の価値を減殺するような行為、もしくはそうしたおそれがある行為。

第9条(情報の消去)
@JRDBのシステムオペレータは、前条に掲げる内容に該当すると判断される文書・プログラム・データ・電子メール等を消去することがございます。
AJRDBは、本サービスの運営の必要上、一定期間経過あるいは所定の量を超えた場合、本サービスに蓄積された文書・プログラム・データ・電子メール等を消去することがございます。

第10条(利用者の負担)
利用者は別に定める会費を納めるものとします。なお、月会費は、初回以外は弊社が指定する日に指定口座から翌月分を自動引き落としするものとします。また、インターネット接続に関わる料金・通話及び通信料金・携帯電話使用料金は会員負担となります。

第11条(料金未払い者の利用停止)
自動引き落としが成立しなかった会員には、ID・パスワードの停止措置をとります。その際は、料金のお支払いがあるまで、本サービスを一切利用できないものとします。また、退会の場合は、こちらに事前告知(毎月10日まで)していただければ、該当月の口座振替を停止させていただき、それをもって退会とみなします。

第12条(会費の返金)
 第7条により本サービスが提供できなかった場合、会費の返金はいたしかねます。

第13条(オプションサービスに関して)
別途料金の発生するオプションサービスに関しましても、上記約定を適用するものとします。

口座振替、電子マネーちょコムについて

第1条
預金口座振替用紙に関しては、JRDBに資料請求を行った場合は資料・申込書と同封して郵送、雑誌上での申込用紙を利用した場合は、申込確認後弊社より申込者に対して郵送するものとします。

第2条
JRDBのインターネット・携帯電話情報は、会員継続の手段として口座振替、もしくはNTTスマートトレード電子マネーちょコムを用いるものとします。

第3条
継続会費自動引き落としは、原則27日(金融機関が休務日の場合は翌営業日)となっており、停止依頼を行う場合は該当月の10日までにJRDBに連絡を行うものとします。該当月10日以降の停止措置に関しては、契約者が金融機関に廃止届を提出し停止措置を行うものとします。

第4条
預金口座振替依頼書のご返送は、毎月15日までに到着したものは翌月27日から口座振替が開始できます。15日以降にJRDBに到着したものは、翌々月27日からの口座振替となりますので、継続の為の会費をお振込みもしくは現金書留もしくはちょコム決済にてご送金いただく必要があります。ご送金無き場合は、情報配信の停止及びID・パスワードの停止措置を行うものとします。

携帯版JRDBはこちら
携帯版JRDB
Japan Cup Dirt
is held this week.
英語バージョン  English Version
By all means, please use
an English version
JRDB racing form.

競馬リンク

スマート競馬
スマート競馬

ハイブリッド競馬新聞
ハイブリッド競馬新聞

新感覚の競馬新聞
競馬チェック!
競馬チェック!